周りの期待を求めているかぎり、

あなたの人生はクソったれどころかクソ以下です。



なぜなら

世界とは、他の誰かが変えてくれるものではなく、ただ「わたし」によってしか変わりえないからです。



ユダヤ教の教えに、こんな言葉があります。


「自分が自分のために自分の人生を生きていないのであれば、いったい誰が自分のために生きてくれるだろうか」


あなたは、あなただけの人生を生きています。

誰のために生きているのかといえば、無論あなたのためです。


そしてもし、あなたが自分のために生きていないのだとすれば、いったい誰があなたの人生を生きてくれるのでしょうか。

われわれは、究極的には「わたし」のことを考えて生きている。

そう考えてはいけない理由はありません。


生きる上で全ての流れを良い方向にもっていきたいと願うなら、

まずはあなたがあなたのために生きることから始めましょう。


誰もあなたのために人生を歩んではくれません。

まずはあなたが自分のために生きていくのです。

あなたが充足感でいっぱいの人生を歩むのです。



まだ遅くはありません。

誰かに遠慮したり過剰に謙遜したり

あなたの能力を開花せずにジッと下を向き続け

うつむいて生きていく人生を、

我慢まみれの人生を今すぐ卒業しましょうよ。






ヒルトンホテルの創業者、

コンラッド・ヒルトンのこんな逸話があります。
(お騒がせセレブとして有名なパリス・ヒルトンは彼の曾孫)



コンラッド・ヒルトンは若いころは学歴もなくて、

ホテルのベルボーイをやっていました。


後年、インタビューを受けた時に、

「たかがベルボーイが、どうやってここまで成功できたんですか?(ニヤニヤ)」

とちょっと嫌みっぽく聞かれました。


この時に彼は、

『ベルボーイが成功してホテル王になったんじゃない。

ホテル王が、ベルボーイから始めたんだ』


と答えたのです。




【セルフイメージが自分の行動を決める】のです。


行動によって結果が決まります。

つまり自分が自分をどう思っているかで後の人生が決定づけられるのです。


結局はあなたがあなた自身について

「私はどうせ競馬で負けて借金まみれだ」というセルフイメージであれば現実もそのようになり、

「私はJRAをおいしい金ヅルのように支配している」というセルフイメージであれば現実もそのようになります。




競馬予想で3%の勝者になるために一番手っ取り早い方法はたった一つ。

まずは勝者の予想に触れてみることです。

手に入れてみることです。


回収率100%をはるかに超える成績を残している

トップ3%しかいない勝者の予想を手にしてみることです。

「全体のトップ3%しかいないビビって背筋が凍るほど大きくしこたま儲けている人間」がどんな予想を買っているのか、

実際に入手してみることです。





以前の私が属していた全体の27%にものぼる

「負けに負けて借金に次ぐ借金を雪だるま式に増やして廃人一直線の人間」は

すべてを妬み、嫉み、上手くいかない原因を自分以外のせいにして、

どう転んでも失敗者・敗北者としてしか生きていけない選択をしているのです。

悲しいくらい骨の髄液の中から、頭の先から足の爪先まで失敗者であり敗北者なのです。



しかし誰にでも、いつでもその目の前に


「3%のビビって背筋が凍るほど大きくしこたま儲けている人」

「10%の年間101%の回収をギリギリ超えている人」

「60%の勝ったり負けたりで結局マイナス回収の人」

「27%の負けに負けて借金に次ぐ借金を雪だるま式に増やして廃人一直線の人」


この全体のどこに属すかを選択できる権利があります。

自分で決めることができる資質があなたには備わっているのです。


他の誰でもありません。

あなたの人生はあなたが選択するのです。

あなたにしか選択することは不可能なのです。



私は全体のトップ3%に属することを選択しました。

自分で決断したのです。


その果てにようやく手に入れたのが

今や燦々と輝く結果を残す

『極上レバレッジ』なのです。


まさに『連敗人間が連勝人間へと大逆転できた最後の一手』です。



あなたの人生も私の人生も彼や彼女の人生も、

すべては選択からでしか始まらないのです。


←トップページへ